忍者ブログ
HOME Admin Write

きたく子ども劇場

『きたく子ども劇場』のWebサイトが移転しました。 最新の情報はこちらをチェックしてください。 http://kitakukodomogekijou.wixsite.com/main

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

中高生部例会
 『ロクな死にかた』
   ひょっとこ乱舞ロクな死にかた

月5日(土) 14:00~
    6日(日) 19:00~

 東京芸術劇場小ホール2
 上演時間;2時間(休憩なし)
 のり入れ;¥1,800、高校生以下¥1,000
  ※ステージ割は機関紙『輪』で確認してください
  ※ステージ変更、のり入れ申し込みは
     お早めに!        (1/22〆切)

わたしのし

先日、ひょんなことから「バンジージャンプ」をやりました。
40mほどの高さから、エイッと飛び降り、落下しながら考えたことは…、何もありゃしません。アーッ、なんて言ってそれっきり。走馬灯も何もあったもんじゃない。
もしかすると、紐をつけずに飛んだって大した違いは無いのかもしれません。他人の死、なんてものは数字に過ぎません。
日本の年間自殺者数は3万人! なんて言われても、せいぜい、そりゃ悲惨だね、て神妙な顔を作るぐらい。対岸の火事、馬耳東風、かすかに聞こえるお隣さん家のテレビの音みたいなもんです。
ところが、知人の死となるとそうはいかない。悲しんだり、悔しんだり、やれ金返せ、話が違うなんていって、騒々しいったらありゃしない。
とかく、自分との関係が近いほど「死」の騒音は増していくんですが、不思議なことに、この世で一番、「静かな死」っていうのは一番、近くにあるんです。
つまりは、「自分の死」です。
そんなわけで今回は、死ぬ、ってことを扱います。それも、わたしが死ぬ、という主観の問題と絡めて表現してみようかと思います。
まあ、要するにですね、ロクな死に方をしそうもない連中がわんさか出てきて、意外や、ロクな死にかたを見つける、と、そういう話です。乞う、ご期待!
                      作・演出・主宰  広田淳一
PR

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新コメント

[01/20 ☆]
[06/17 ゆうゆう]
[06/17 そめにゃん]
[06/08 江戸川そめにゃん]
[05/30 ゆうゆう]

最新トラックバック


ブログ内検索


カウンター


バーコード

Copyright ©  -- きたく子ども劇場 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]